収益物件を買おう|低リスクで安定収入をゲット

設計図とヘルメット

初心者でも可能な投資法

3台の車

駐車場経営は初心者でもやりやすい不動産投資です。土地を整地するだけで始めることができます。ただし更地扱いになるので節税効果はないのです。商業地なら立体駐車場が最も収益性が高くなります。節税効果もありますし収益も上がります。初期投資の工事費がかかりますが、それをしのぐ可能性があります。

詳細

リスクの小さい土地活用

ジャケットの男性

駐車場経営は少額の初期投資で始められて、リスクの小さい土地活用として人気があります。設置するなら交通量の多い住宅地や商業地を選ぶことが大切です。近年では専門の会社に運営を委託するケースも増えています。

詳細

不動産投資で大事なこと

マンション

不動産投資で成功するためには収益物件を確保することが最も大事です。収益物件とは入居率のよいマンションやアパートのことです。入居者は色々な都合で引っ越したり退室したりします。それを抑えることはできませんから、すぐに次の入居者が見つかるような物件を確保する必要があります。そのためには数多くの情報を集めることです。大阪のような大都市では毎日膨大な情報が飛び交います。インターネットの不動産サイト、競売情報、タウン誌や新聞広告などに常に目を通し、これはと思う物件があったらすぐに行動に移す積極性が必要です。大阪などの大都市では思わぬ拾い物があります。それを探すには入居者の立場に立って探すことです。例えば日当たりが悪いアパートでも、昼間は留守が多い単身サラリーマンには適していることがあります。

そのような入居者は昼間は留守にしているので日当たりは関係ないのです。日当たりが悪くても家賃が安い方を選ぶわけです。誰もが収益物件とは思わない日当たりの悪い物件が、見方を変えるだけで収益物件になるのです。大阪のような大都市にはこのような物件が意外な盲点になっているので、探し方によっては収益物件にすることができます。人口の多い大阪にはそれだけ様々なニーズを持った人間がいるので、一概に収益物件ではないと決めつけることはできないのです。不動産投資は今後の少子化を視野に入れて考える必要があります。その点、大阪などの大都市では若者人口の流入が増えている傾向にあるので、今後も単身者向けの不動産投資は活発化する傾向にあります。

収入が安定しやすくなる

お金と電卓

賃貸経営において不安材料となる空室率問題は、サブリースによる一括借り上げ契約を行うことや多少受取賃料は下がるものの安定した収入が確保出来ます。不動産会社としてもサブリースにより、手数料を取得出来るため安定した収入源となるため歓迎されています。契約内容がオーナーに不利とならないよう確認が必要です。

詳細